読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cornerpost

社会の隅っこから色々書きます。

RIZE「ピンクスパイダー」と原曲ごえのロックバンドたち

僕は高校の時にNZに留学した際、同じホストファミリーに面倒を見てもらっていたノルウェー人の兄貴に洋楽ロックを教えてもらってから、これまでロック一直線できた。

僕のITunesに入っている音楽はほぼほぼ洋楽で埋め尽くされている。

邦楽も好きなバンドはあるが、それでも少ない。

そんな中、僕が今でも好きなバンドがある。

RIZE

1997年に結成、現メンバーはJESSE、金子ノブアキ、KENKENの3人だ。

ファーストアルバムが発売されたのは2000年、僕が中学2年生の時だ。

僕が彼らのファーストアルバムにいつ出会ったのかは覚えていないが、彼らは今年で結成20周年を迎える。

最近またRIZEを聞いてみた。

無骨。

ハード。

そんな言葉が浮かんでくる。

彼らの作り出す楽曲で好きな曲はいくつかあるが、今回はその中でもピカイチで好きな「ピンクスパイダー」をご紹介したい。

ピンクスパイダー 

www.youtube.com

ご覧いただいて、どうだろうか。

彼ら3人の無骨なロックがこれほど魅力的に表現されているPVは他にない。

特に1分50秒〜1分51秒の一瞬であるが、JESSEとKENKENが同時に写っている場面、かっこよくないか?

このかっこよさを上手く表現できない自分の語彙力のなさに辟易してしまう。

しかし、本当にかっこいいのだ。

このピンクスパイダーの元ネタは今は亡き、XJAPANの HIDEの「ピンクスパイダー」だ。

www.youtube.com

RIZEを見てからHIDEのピンクスパイダーを見てみると、なんとも自分の好みではなくなってしまう。

まあ、僕はあまりXJAPANを聞いたことがないのでなんともいえないが。

こういった、元の楽曲よりカバーバージョンの方がかっこよく感じる楽曲はいくつかあるのでご紹介する。

Zebrahead「wannabe」

まずはZebraheadのWannabeだ。

Zebrahedはアメリカのカリフォルニアで結成されたロックバンドだ。

男性のツインボーカルで、ラップを刻んでステージを暴れまわる様は豪快だ。

www.youtube.com

彼らのカバーしたこの楽曲の元は、Spicegirlsのwannabeだ。

元の楽曲はこちら

www.youtube.com

Spicegirlsはベッカムの奥さんでもあるヴィクトリアベッカムが、元メンバーとしても有名なイギリスのアイドルグループである。

元の楽曲を聴いてみると、これまたスローテンポであんまり僕の好みには合わない。

これは僕がロックの方が好きだからなのか?

人間椅子「針の山」

洋楽が好きといっておきながら、邦楽も好きなバンドはいる。

その一つが、人間椅子だ。

人間椅子は青森出身で太宰治が好きな1987年に青森県出身の和嶋慎治と鈴木研一が結成した3ピースのバンドだ。

彼らはハードロックバンドとして活動しているが、曲タイトルには太宰治などの日本の文豪の作品をつけたり、ベースである鈴木研一の坊さんにも似た風貌でライブを行うということもあり、とにかく癖があるバンドだ。

僕がこの人間椅子に出会ったのは今から約4年前のアラバキロックフェス。

道を歩いているとどこからともなくギターの唸り声が聞こえてくる。

そこにいたのが彼ら人間椅子だ。

もう、一発でやられた。

そこから人間椅子YouTubeで探すようになり、見つけたのがこの曲だ。

www.youtube.com

意外にもこの楽曲もカバーだ。

原曲はBUDGIE の「BREADFAN 」。

www.youtube.com

こちらは原曲もなかなかいける。

この「BREADFAN 」はなんとあのメタリカもアバーしてる。

www.youtube.com

ぐー、さすがメタリカ

だが、僕はやっぱり人間の椅子の方が好きだな。

HI-STANDARD「Can't Help Falling in Love」

最後にご紹介するのはHI-STANDARDの「Can't Help Falling in Love」。

通称ハイスタはインディーズジャパロックが全盛期だった頃、一番売れていたバンドだ。

もちろん、僕も好きである。

www.youtube.com

この曲も原曲がある。

それが、これだ。

www.youtube.com

なんとエルビスプレスリー

しかし、この曲もカバーである。

原曲はなんとこちら。

www.youtube.com

曲名はPlasir d'mour。

フランスのJean Paul Martini作曲、ジャン・ピエールクラリス作詞、18世紀にフランスで作られた、ガチガチのクラシック?音楽だ。

この曲は女に捨てられた哀れな男の悲しい物語を描いた歌らしいが、エルビスは原曲の内容とは反対に明るく優しく歌っている。

まさかハイスタの原曲がここまで遡るとは。

原曲越えはまさにロック。

以上、なんとなく書いてきたが原曲ごえする楽曲はいくつもある。

楽しいね。